初めて読んだマンガ!「セーラームーン」は今の30価格にとって聖書みたい付属

あたしが幼稚園から小学校に昇る内、世の女性たちに「セーラームーン」ブームゴール!あたしが人間生で初めて読んだ戯画も「セーラームーン」でした。完全に影響を受けてしまった…と映るところは、やはり「戦う女性の美しさ、頼もしさ」でしょうか。セーラー戦士たちは皆女性。その女性たちが、自分の結果、大事な人間や助っ人人間の結果、モラルの結果、悪者に立ち向かっていきます。「著しい女性って渋い!」とセーラームーンを読んで感じたのは、私だけではないのではないでしょうか。重要な男子気質ですタキシード上っ面も、力添えにきて受け取ることもあるものの、実は敵手のアジトに連れて壊れたり、事例をなくされてしまったり、ちょっと不安部分も。それを支えるのがセーラー戦士だったのですから、「女性の方が激しい!頼もしい」「男の人間に頼らず、自分で自分の身は守らないと」と幼心に少し思った部分も。実際、セーラームーンが20周年再生策略で再度取り上げられ、セーラームーン年頃のアラサー女性の方達についての評価ニュースや、セーラームーンを見て育った年頃の女性は凄い女性に目的がいる、なんて報道を読んでうなづけることも。社会でバリバリ元気にはたらくアラサー女性の方達が多いのも、ちょっと納得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です